レンズで綴る徒然日記

ryochanryo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 30日

投資事業組合???

連日、マスコミではライブドアショックの余波を伝えていますが、最近ちょっと閉口ぎみです。
時代の申し子のように扱っていたかと思いきや、逮捕されると悪の権化のような扱いです。
別にホリエモンの肩をもつわけではあいませんが・・・。

さて、今回の事件でも企業の不明朗な取引の温床になりかねない投資事業組合やSPC(特別目的会社)が問題になっています。今回の事件の場合、ライブドアが投資事業組合への影響力が強いのにもかかわらず、連結決算にせず、自社株の売却益を不正に利益計上したことが問題になっている。しかし、これについての会計基準ははっきりとした基準は設けられていない。ルール作りもこれからのようです。
そういう意味でホリエモンは、法整備の不備に一石を投げ入れたと言えるでしょうね。
[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-30 22:11 | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 29日

TOKYO

18歳のシンガーソングライターのYUIさんが、福岡から上京する時の気持ちを歌った曲。
最初、声しか知らなかったので、ジャケットを見てびっくり。美人じゃん。
声が好き、曲がいい、そして美人。最近ではイチオシです!
1月18日にリリースしたばかりの「TOKYO」 是非聞いてみてください。
ぐっとくる歌声と歌詞です!これから、卒業式シーズンにピッタリなのでブレイクするかもね。
http://music.yahoo.co.jp/jpop/cd_reviews/plantech/20060127/ptcrvw007.html

b0055725_14133094.jpg

[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-29 14:14 | Music | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 16日

経済ネタ 「建設業」

今日はなぜか「建設業」について書きます。理由は特にありません・・・。

最近の建設需要は、経済全体が低成長時代に入っているうえ、景気回復が軌道に乗れば乗るほど国家財政健全化が政策の最優先課題になるため、公共投資の抑制が進むと考えられます。これは、小泉さんが9月でさようならをしても、停滞は避けられないと私は考えています。

また、国に加えて地方も財政悪化が相当進んでおり、景気対策として国が無け無しの公共工事を出しても、地方が担当する部分については執行されていないままになっている工事が多いのも事実です。その上談合体質の改善も迫られており(談合体質を肯定しているわけではありません)、結果的には競争の激化と受注単価の下落を招き、採算悪化に繋がっています。平成5年の全産業経常利益率1.5%に対し建設業は2.8%と大きく上回っていたのに、今や全産業利益率2.3%と回復傾向に対し建設業は1.3%と大幅にダウンしています。

それでは、今後地方中堅建設業はどうすれば生存競争を勝ち抜いていけるのでしょうか?
地方建設業の中には、差別化戦略として新工法の開発や特許の取得など特定分野の技術力により差別化を図り、独自のノウハウや提案営業で売上維持拡大をしているケースもありますが、そんなのはレアケースです。
私は今後のIT化する中での、経営コスト管理の厳格化と徹底した経営改善計画(3ヵ年計画)を作成し、実行するのです。そして、3年後に「経常JV」を周辺の優良な業者と3社程度で連携するのです。地方の建設業が生き残るにはこれしかないと思います。その後、新分野に進出することも重要です。農業(ITを使った)、新技術・新工法、産廃関連、リサイクル、環境、介護等々
です。
まず、企業のスリム化(守りの経営)を行い、資本の確保をし(企業連携)、新分野への進出(攻めの経営)が今後の戦略です。

気が向けば続き書きます・・・(´。`)フー
[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-16 23:39 | Trackback | Comments(1)
2006年 01月 09日

ネットで株売買14兆円

イー・トレード証券が売買手数料収入で証券会社の雄、野村證券を上回った。また、昨年、個人投資家の売買代金はネット取引が4分の3程度を占めたと言われています。これから、ますます携帯電話でのネット売買も拡大すると思われます。でも、先の野村證券は対面販売に力をますます入れるそうで、支店の増設や個室での対応も強化するそうです。個室では、コーヒーでもブルマンの最高級が出されるそうですよ!2極化が進むってことですか・・・。

さて、今年も株式相場は好調のようです。今年の日経平均株価はどれくらいまで行くと思いますか?6日現在で16,428円ですが、昭和64年末の38千円台に比べるとまだまだです。まぁ、これはバブル経済の時のことなので、今と単純に比較はできませんが、当時の総資産価格から算出すれば今の1.2倍弱なので19千円くらいまでは行くんじゃないかと私は思っています。
私もやってみようかな~~~・・・ネットトレーディング・・・。って、お金無いし・・・(T^T)グスッ
[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-09 21:00 | Trackback | Comments(2)
2006年 01月 08日

RX復活!!

大洲の肱川河口近くから、肱川あらしを撮影しました。
気温と水温との温度差と風によって、幻想的な水蒸気の流れが出来ます。
借り物のズームレンズ(バリオ・ゾナー100~300mm)で先日修理したRXで撮影しました。
b0055725_1262726.jpg

[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-08 12:07 | My camera | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 07日

ガソリンが上がると、景気も良くなる?

ガソリンが高いです。「ハイオク、満タン!!」などと言おうものなら、諭吉さんが消えてしまいます・・・。何でこんなに高いんじゃ!原油が高いからしかたないじゃん、と言われても・・・

昨年、ニューヨーク原油先物市場で8月末に1バレル70.85ドルの最高値を付け、その後50ドル後半で推移しています。2003年頃は20ドル台だったことを考えると、原産国はさぞニコニコだろうとおもいきや、そうでもないそうです。サウジアラビアなど大量に原油を抱え、その国の唯一の基幹産業の場合、今回のような価格高騰による、石油離れが一番怖いそうです。確かに、「プリウス」売れてますね・・・。アメリカのある州ではハイブリッド車専用道路を作ったり、数年後にはハイブリッド車しか通行してはならないというような法律もできるとか・・・話が飛びました。
でも、埋蔵量がさほどでもない産油国は今が売り時とばかりに、大量に市場に出すことも考えられます。そうすると、大量保有国は減産調整などで50ドル台を堅持しようとするので、今年もやはり高値で推移すると思われます・・・。
しかし、原産国はかなり潤っていることも事実です。拡大したオイルマネーは自国の病院などの社会資本整備などに役立てられますが、一部は中近東の投資家を通じ、アメリカや日本にも大量に流れ込んで来ています。金や商品先物、株価上昇の背景にはこうしたオイルマネーがあるのは間違いないようです。今年もガソリンの値段から目が離せない私です。
[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-07 10:35 | BMW | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 01日

明けましておめでとうございます

今年からはカメラ関連だけではなく、経済や金融のことについても書き込んでゆこうと思います。まぁ、更新は相変わらずのボチボチだと思いますが・・・。
今年も、よろしくお願い致しますm(_ _)mペコリ
b0055725_813945.jpg

[PR]

by ryochanryosuke | 2006-01-01 08:13 | Trackback | Comments(2)